空室リスクを対策|年金暮らしが心配なら収益物件を始めてみよう

年金暮らしが心配なら収益物件を始めてみよう

男の人

空室リスクを対策

マンション

不動産経営をする場合にエリアをどこにするのかという問題があります。地方なのか都市部なのか、どちらにマンション投資すればいいか非常に難しいところです。それぞれには各々のメリットがあります。たとえば、地方でマンション経営をする場合は、利回りが高いことが挙げられます。都心と比較すると賃貸住宅の需要は低くなりますが、その分だけ利回りが確保されています。リスク回避と利回りの双方を求めるのであれば、地方の中核都市部をおすすめします。都市部ほどではありませんが、需要はそれなりに高いのです。一方、都市部であれば空室リスクが非常に少ないです。地方で発生する空室リスクを避けることができます。このように、メリットはそれぞれにあります。

マンション経営において空室リスクは必ず伴いますので、常に課題になっています。しかしながら、それを解消するための対策が1つあります。それは家賃保証契約です。これは空室であっても保証会社が家賃収入を保証するというものです。ただし、注意するべき点もあります。それは管理費用がかかることです。家賃保証契約を結ばない場合よりもコストがかかります。また、空室のときに支払われる家賃収入は全額保証ではないということも重要です。およそ8割程度の家賃収入になります。しかしながら、空室リスクがなく安定した収入を得られるというのは高いメリットと言えます。マンション経営においてはある程度のコストをかけてでもリスクを減らすことの方が大切なときもあります。