確定申告をしよう|年金暮らしが心配なら収益物件を始めてみよう

年金暮らしが心配なら収益物件を始めてみよう

男の人

確定申告をしよう

お金

税金支払分を準備しよう

サラリーマンが不動産投資を始めると、年に1度やらなければならないことが増えます。それは確定申告です。一般的に会社からの給料以外の収入がない場合には、年末調整で納税関係は終了するため、確定申告は不要となります。しかし、不動産投資を始めると、その年の1年間の収支を計算して翌年3月15日までに税務署へ申告する必要があります。収支がプラスだと、追加で税金を納める必要が出てきます。不動産投資をする際には、この確定申告による税金支払い分もしっかりと頭に入れておきましょう。不動産投資が好調であるほど、税金の支払いは多くなります。なお、新たに投資物件を購入した年は、確定申告をすることで税金が還付されるケースもあります。

領収書を保管しておこう

このケースに当てはまる場合とは、初期費用により単年度の収支が赤字になった場合です。投資物件を購入すると、仲介手数料や登記費用などで数十万円の費用が発生します。年後半に購入すると、家賃収入よりもこれらの費用の方が上回り、赤字になるケースがあります。不動産投資における赤字は給料と損益通算をすることができます。そのため、年末調整で確定させた税金関係からさらに税金の還付を受けることができるのです。不動産投資における収支計算ではいろいろなものを費用にできます。例えば、投資物件を見に行った時にかかった交通費やセミナーの参加費、不動産投資を勉強するために購入した書籍等です。領収書が証拠書類となりますのできちんと保管しておきましょう。