年金暮らしが心配なら収益物件を始めてみよう

レディ

シニア向けの資産運用

硬貨

シニア層が老後も豊かに暮らすためには、持っている金融資産や不動産などを賢く活用する取り組みが必要です。退職金を活用して投資信託や株式を購入する人も多いですが、着実に人気が高まっているのは、収益物件の購入です。保有している不動産の売却益や退職金などを活用して収益物件を買う人が中心であり、平均的な予算は3000万円から5000万円程度です。そのために一棟売りのアパートを購入する人が多く、シニア層が目標としている家賃の手取り収入は月額30万円です。賃貸アパートなどの収益物件を活用して安定した賃料収入を得ることで、退職後に思う存分海外旅行も楽しめるでしょう。更に安定した賃料収入を活用して有料老人ホームに入居するなど、シニア層の将来に向けた考え方は様々です。

数千万円規模の資金を有効に活用してアパートを購入する場合には、収益物件サイトで紹介されている情報を参考にするのがポイントです。エリア別に標準的な物件を絞り込めるので、自宅近所で収益性が期待できる、定番の一棟売りのアパートも探せるでしょう。ハイグレードな不動産を手に入れたいと考える人たちがこだわっているのは、建物の築年数と物件の立地条件です。新築物件であれば購入直後から満室経営を実現することも可能であり、駅前の物件への投資を積極的に行うことが、資産を大きく増やすための基本です。アパート経営の初心者が多いために、シニア層が収益物件を購入した時には、物件を紹介した業者に賃貸管理を委託するケースが大半です。

転入超過している人気の街

説明

大阪市で収益物件を探す上での注意点は駅から距離そのものより、物件の駐輪場に空きがあることを確認する事です。駐輪場が使用可能であれば入居者の確保が見込めるからです。大阪府全体では人口減少の傾向にありますが、大阪市では転入超過率が上昇しているので、収益物件を探す上で大きなメリットとなるでしょう。

確定申告をしよう

お金

必ず確定申告を行なうのが、不動産投資を始めた時の約束です。なお、不動産投資の収支が赤字の場合には給料と損益通算ができます。また、書籍代や交通費等が費用として計上できるので、領収書はきちんと保管しておきましょう。

空室リスクを対策

マンション

マンション経営をするときに都市部か地方かのエリアの選択で悩みます。それぞれには各々のメリットがありますので、慎重に検討しましょう。また、マンション経営と切り離せない問題として空室リスクがあります。これを解消したい場合は保証会社と家賃保証契約を結びましょう。